京都府亀岡市の「京菓子ふじ幸あずきの里」。レアチーズ大福を食べたらやみつきになるお味でストック買い決定!

京都府亀岡市の「京菓子ふじ幸あずきの里」。レアチーズ大福を食べたらやみつきになるお味でストック買い決定!

【店名】
京菓子ふじ幸 あずきの里
【所在地】
京都府亀岡市

【性別】女性
【年齢】32歳
【職業】事務員


【お店を知ったきっかけ】
友人の紹介でレアチーズ大福というのがあると聞いて、名前からしておいしそうだったので気になっていました。
たまたまそのお店の和菓子作り体験に参加するきっかけがあり行ってみることにしました。

【誰と行ったか】
家族です。




【お店の雰囲気】
場所は田舎の山の近くで田んぼしか周りにないような開けた道からこんなところに本当にあるの?間違えてない?というような、小道を入ったところにあります。
車がないと行けないと思いますが、近くにバス停がありましたが田舎のためバスもほとんど来ない感じです。
お店は小さく、1階は店舗で2階が和菓子作り体験ができるようになっていました。

【注文したもの】
レアチーズ大福。
ブルーベリーのレアチーズが入った大福




【感想】
食べる前からレアチーズが大好きなのでそれをおもちで包んであるとのことで、大好きなものばかりなので一度食べてみたかったのですが、予想通り冷やして食べると冷たいレアチーズをふわふわのおもちが包んでいてとてもおいしかったです。
いちご大福のレアチーズ版のような感じです。
レアチーズと大福の相性はとてもよく、他では売ってるのをみたことがなかったので、なぜだれもこんなおいしいのを作らなかったのだろうという気持ちと、こんなおいしいのを生み出してくれてありがとうという感謝の気持ちでいっぱいになり幸福感のあるひとときを演出してくれます。
お茶だけではなくて、コーヒーにもよく合うので一緒に食べるのも気に入っています。




【他のメニューやトッピングなど】
他には飾りお菓子のような和菓子体験で自分で作ったお菓子を食べました。
あまり甘すぎるのは苦手ですが、おいしくいただけました。
その他に鮎の形をした餡と栗をはさんだお菓子がありそちらも実家へのお土産に購入し、喜ばれました。




【エピソード】
和菓子の作り体験がきっかけだったので、子供も普段経験できないような飾り和菓子を作って喜んでいました。
お店の方はみなさん優しく作り方をおしえてくださりなかなか体験できないようなことを経験でき、おいしいお菓子もいただけて楽しい時間を過ごすことができ嬉しかった。
家族みんな喜んでまた行きたいと言っていました。




【知人の評判】
なかなかレアチーズ大福というのは、見かけないのでお土産などに渡すことが多いですが和菓子が苦手な方にも喜ばれました。
餡子がきらいな子供にも食べてもらえますし、このレアチーズとおもちの組み合わせに驚かれて話の話題にもなれます。




【他との比較】
やはり他と比較すると、なかなかありそうでない組み合わせであることで、驚きました。
お年寄りにはあまり身近ではないので、渡すのを躊躇しますが、どちらかと言うと若い方におすすめだと思います。
特徴としてはレアチーズとブルーベリーの相性がよくて、レアチーズの酸味を優しくおもちが包んでくれていることです。
しつこくないのでコーヒーにも合います。




【価格と満足度】
9個入り540円です。
全然高くはないし丁度良いお値段だと思います。
お持たせにも丁度よい値段で挑戦しやすいと思います。




【期待すること】
お店はこじんまりしていてわかりにくいと思います。
ほんとうにここ?という感じで入りにくいのです。
帰りによく見たら看板があったので看板を見ながらきたらよかったなとおもいました。
場所が田舎でなにもないのでお菓子のためだけに行く人はあまりいないと思うのでどこかで出店などされたらたくさんの人の目にとまって購入しやすくなると思いました。



この和菓子は、和菓子の餡子や甘いのが苦手な方でもレアチーズとブルーベリーが大丈夫なら食べれる和菓子です。
和菓子ですが洋菓子のようにコーヒーもあうのでおいしく、子供さんにも喜ばれるお味です。
お土産やちょっとしたお持たせにもぴったりです。
冷凍で2週間もつので何個かストックもできて保存もしやすいので、おすすめです。

京菓子ふじ幸 あずきの里
京都府亀岡市
女性・32歳・事務員
京都府亀岡市の「京菓子ふじ幸あずきの里」。レアチーズ大福を食べたらやみつきになるお味でストック買い決定!