千代田区の甘味処・竹むら。アニメの聖地として入ったら滑らかすぎるあんこが衝撃的だった!

千代田区の甘味処・竹むら。アニメの聖地として入ったら滑らかすぎるあんこが衝撃的だった!

【店名】
竹むら
【所在地】
東京都千代田区

【性別】男性
【年齢】34歳
【職業】フリーライター


【お店を知ったきっかけ】
私が以前から好きだったテレビアニメの主要な舞台であること、埼玉県在住でアクセスもしやすかったことから、同じアニメが好きな友人と一緒にいわゆる聖地巡礼として訪れました。

【誰と行ったか】
友人と二人で




【お店の雰囲気】
最寄りのJRの駅は秋葉原ですが、少し離れたところにあり落ち着いた空間にあり、建物は戦前の1930年に建てられた和風建築でかなり趣があります。
店長とのやり取りはありませんでしたが、店員さんは親切で丁寧でした。
基本的にはイートインで、一部商品はテイクアウトが可能です。
私が行ったのは平日だったため行列はありませんでしたが、土日は行列が当たり前という話も聞きます。

【注文したもの】
白玉クリームあんみつ(あんこと白玉のほかバニラアイス、求肥、さくらんぼ、みかんが乗っています)




【感想】
イートイン形式なので案内された店内のテーブル席で食べました。
美味しかったのはもちろんなのですが、何より驚かされたのがあんみつに使われていたあんこのきめ細やかさでした。
スプーンで削った際に見たあんこの断面はそれまで見たことも食べたこともないほどまっすぐの直線で、いわゆる「ひび」のようなものは本当に一切なく、好きなアニメの聖地だったからというのもあるかもしれませんが、とにかくそのきめ細かいあんこととろけるような食感に同行していた友人とともにかなりテンションが上がってしまったのを覚えています。
黒蜜も濃厚でとても美味しく、白玉とみかんにさくらんぼ、色付き求肥もほどよいバランスで見た目にも楽しめる商品でした。




【他のメニューやトッピングなど】
後日訪れた際に頼んだものですが、名物でもある揚げまんじゅうを注文しテイクアウトで食べました。
行ったのが真冬だったこともあり、揚げたてでサクサクの衣とアツアツのあんこが身体に染み渡るように美味しかったです。




【エピソード】
平日で空いていたこともあり特にエピソードということはありませんでしたが、大好きなアニメの舞台だったということもあり、周りに点々と同じような人たちがいたのは面白かったです。
またお店のレジやたまたま見えたバックヤードにもそのアニメのグッズが置いてあったりして、改めて作品自体も愛してもらえているのかなと嬉しい気持ちになりました。




【知人の評判】
同行していた友人は私と同様に美味しかったと言っており、初回以降も何度か足を運んでいます。
その友人は揚げまんじゅうがかなりお気に入りのようで、一緒に秋葉原に行くと「食べたいね」という話になることも多いです。




【他との比較】
やはりお店で食べると出来立ての美味しさというのが大きいです。
セブンイレブンなどコンビニのあんみつも食べたことはあり、もちろん美味しいと思いますが、やはり専門のお店で手間をかけて作っているものは違うなと思いました。
また揚げまんじゅうは、揚げたての温度や香りなどもその美味しさに寄与していると感じました。




【価格と満足度】
白玉クリームあんみつは910円、揚げまんじゅうはお持ち帰り価格で2個490円と、正直に言うと値段は高いと思いました。
それでも満足度は十分高く、これくらい払う価値はあります。




【期待すること】
正直に言ってお店にマイナスの意味で言いたいことは一切ありません、強いて期待することを言わなければならないのであれば、これから先可能な限りいつまでも営業を続けてほしいということです。
これも良いことなのですが、築90年以上で建物自体も古くなっており、改修などで長期休業してしまっても再開したらまた行きたいと思えるお店です。



とにかく先述した通り白玉クリームあんみつのあんこの滑らかさ、そして揚げまんじゅうの揚げたてサクサクの食感とふわふわのあんこのすばらしさををおすすめします。
現在のご時世では少し躊躇してしまうかもしれませんが、外装も内装もですが築90年以上で非常に趣があり、可能であればぜひイートインで楽しんでほしい!と思います。

竹むら
東京都千代田区
男性・34歳・フリーライター
千代田区の甘味処・竹むら。アニメの聖地として入ったら滑らかすぎるあんこが衝撃的だった!